【9月トークcafe】~「より良く生きる」を一緒に進もう!~ 脱・支援者目線のススメ(9/15)

9月トークcafe

テーマ~「より良く生きる」を一緒に進もう!~脱・支援者目線のススメ

ishikawa-kirinuki web.jpgkumonjunkohakore-kirinuki web.jpg
1部:石川智            2部:公文順子

◆ 日時:2020年9月15日(火)18:30-20:30
*当日スケジュール(予定)*
第1部      石川智(45分)
休憩(10分)
第2部      公文順子(45分)
第3部      トークセッション(20分)
◆ 会場:高知市市民活動サポートセンター 2階大会議室
◆ 定員:15名 要予約
◆ 参加費:無料(お茶&お菓子付き)
◆ 内容:誰もが「より良く生きる」ために、何ができるだろう?
福祉分野で支援をしながらも、支援者目線に囚われないで活動してきた二人の
講師が、大いに語る「濃密な時間」にきっとなることでしょう!
第1部:石川智
福祉ファイナンシャル・プランナーとして「大切にしてきたこと」を語る
障害者支援、ひきこもり支援などに関わってきた経緯と、今後の社会起業に
ついてお話します。また、夢ノートプロジェクトの理念や意図もお話します。
第2部:公文順子
作業療法士として「大切にしてきたこと」を語る
「色んな人の働きづらさを支えたい」という理念に基づいた、公文さんが考える
「農副連携」と、これから実現したいプロジェクトについてお話します。

<ゲストスピーカー/プロフィール>
1部:石川智/ファイナンシャル・プランナー
1966年香美市生まれ。大学卒業後、トヨタビスタ高知~外資系保険会社の営業職を経て、2010年独立起業した。
一般的な相談業務だけでなく、福祉FPとして、貧困世帯への家計相談など、福祉分野での活動も行っている専門
分野は「高者とお金」「ひきこもり支援」「障害者の親なき後」など。
2部:公文順子/作業療法士
南国市出身。リハビリテーション専門学校を卒業後、精神科病院で認知症高齢者を対象に作業療法士・認知症ケア
専門士として17年間働く。その後不妊治療をきっかけに他人軸ではない自分の生き方に向き合い、本来の自分がや
りたいことをやってみようと実家の農業経営を手伝うことをきっかけに退職。作業療法士としての視点や験を活
かし農業の慢性的な人手不足という課題解決のために、生きづらさを抱える若者の就労支援や大学生と農業のマッ
グに取り組んでいる。

●●下記まで、お申し込みください

高知市市民活動サポートセンター(高知市たかじょう庁舎2F)
高知市鷹匠町 2丁目 1-43 高知市たかじょう庁舎2階
電話:088-820-1540
(月~金10~21時・土10~18時)
E-mail:info@shiminkaigi.org (板原)